カズオの仕事術&人生術!
       ~はるかなるmaster of lifeへの道~

  本編サイト →カズオの在宅ワークで会社やめたる!!  
Since:2003/4/10  


あれは1年前のことでした、常々50才には仕事をやめて、好きなことをしてすごしたいと思っていた私は、50歳になったら仕事やめていい?と嫁さんに聞いてみました。すると嫁さんの答えは「1億円の貯金があればやめていいよ」と途方のないことをいいます。 そこで内職・・・
カズオのお金稼ぎヒストリーへ

トップページ>コミュニケーション術



コミュニケーション術

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. サントリーサタデーウェイティングバーアバンティで学ぶ話の聞き方(03/21)
  3. 人間関係を成功させるたった一つの方法(01/26)
  4. ダイアログカフェで学んだグループ討議術(10/02)
  5. 日本語の難しさ(02/09)
  6. 聞き方の技術3(02/08)
  7. 聞くという技術2(02/05)
  8. 聞き方について(02/04)
  9. できるビジネスマンに必要なもの(01/23)
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月21日 (日) 22:51 | 編集
マクドナルドのハワイアンバーガーにはなんでパイナップルが入ってないんだ!!とお怒りの皆さんこんばんは。カズオです

まア入ってない方がいいんですけどね・・


さて、きょうは土曜日五時からの人気番組 
Suntory Saturday Waiting Bar "AVANTI"
を聞いていて感じたことです。

常連客の中でいつもゲストと話しをしている男の人の話の聞き方についてです。

サントリー・サタデー・ウェイティング・バー - Wikipediaウィキペディアでは、声の大きな常連と書かれています。)

この常連客は、基本的にため口っぽい喋り方で初めて聞いたときはあんまりいい印象を受けませんでした。しかし、ゲストから巧みに会話を引き出しいつも話が盛り上がっています。今ではカズオの尊敬する人のひとりです。

 この人の話の聞き方のポイントは、

1、「おもしろーい」を連発し、本当に興味津々で前にのめりだす感じで話を聞く

2、一般人より詳しく、ゲストよりも少しおとるぐらいの知識を嫌味なく口に出しゲストに「おっなかなか知ってるじゃないかじゃあもっと表面上じゃない話をしよう」と思わせている。

3、感情に関する「その時どんなふうに感じたんですか?」「どんな気持ちだったんですか」といった質問をしてゲストにその時の感情を思い出させ、興奮させている。


素晴らしいです。  
これを意識せずにできるようなりたいものです。



  BY いつかゲストの側でインタビューされてみたい男 カズオ


今日はあっさりなので最近買ったものでおすすめを紹介しときます


自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
おすすめ平均
stars岡本太郎の言葉は・・・、
stars若いうちに読んでほしい
starsウツロな時代に対する警鐘
stars自分にとって初めての哲学書
stars生き方考え方が

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


星5つのレビューが60個もつくほど、素晴らしい本です。

やっぱり次回ゆっくり紹介しよっと・・  




スポンサーサイト
2010年01月26日 (火) 22:51 | 編集
まずはきになった記事から・

孤立しがちな人のパターンとは?



111 名前: 色鉛筆(埼玉県)[] 投稿日:2010/01/17(日) 17:15:43.74 ID:l7N8PN/Z

・いつも人の悪口ばかり言っていないか。

・愚痴が多くないか。

・しゃべり方が暗くないか。

・プライドが高く、人にバカにされるのを嫌うか。

・周りからどう思われているのか、異常なほど気にしていないか。


・異性と話をすることは、特に苦手ではないか。

・我が強く、自分の主張を意地でも通していないか。

・一見、落ち着いているように見えるが、よくみると、意地の悪いことばかり言っていないか。

・冗談を言うか。

・いつまで付き合っても底知れぬ妙な冷たさを感じさせないか。

・人の批判ばかりして、揚げ足をとっていないか。

・「アドバイス」という形をとって、実際は「説教」をしていないか。

・がまんできずに、人の言ったことを「それは違うよ」とよく言っていないか。

・特定の人ばかりと話していないか。


・人の目を見て話すことができないこともあり、小心者ではずかしがりやのような印象を与・えたかと思うと、

 傲慢な所もあり、平気で人を傷つけるようなことを言っていないか。

・自分を実際よりも大きく見せようとしていないか。

・こちらに身勝手な要求することが多く、わがままで甘ったれていないか。

・冗談を理解できずに、笑う所で怒っていないか。怒りながら説教をしないか。

・自慢話ばかりしていないか。

・虚栄心が強すぎないか。

・冷たく、人づきあいが悪く、きまじめな変わり者というイメージはないか。

・支配欲が強く表に出ているか。


・たまに見せる笑顔は「人を見下すとき」「人をバカにするとき」ではないか。

・飲み会の時に自分の周りだけ空気が盛り上がらないときが多いか。


コミュ障 孤立しがちな人のパターンとは?:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´) (via yaruo) (via motomocomo)

とっても気になる記事だったのでコピペしました。
若干思い当たる節がある痛い記事でした(若干ですよ・・・Σ(゚Д`;)
手帳に印刷して張っておこうと思います。

話は変わりますが、
人間関係って奥が深くて難しいと思ってたけど、実は単純って最近気づきました。

その秘訣は・・・

目をハートにしてお付き合いをする   これです  ヽ(・ω・´)ノ
どんな人でも、あなたは私にとって大切な人ですと意識して接するだけで、人間関係うまくいきます。

前のめりで話を聞く
名前を覚える
相手の話をしっかり聞く
など、全て目をハートにしてお付き合いをすれば自然と実行できます。

どんな人に対しても、目をハートにして付き合ってみましょう。  

 ※注意点 女の子に目をハートにして追いかけたら嫌われるかもしれません。

  BY 愛だろっ 愛   ザ・カクテルバーカズオ  ← 古いね
2009年10月02日 (金) 05:17 | 編集
おはようございます。カズオです

今日は、先日参加したダイアログカフェで学んだグループ討議術についてです。


ダイアログカフェの中で、グループ討議がありました。そのとき、マエキタミヤコさんとご一緒させていただきました。

マエキタさんは質問をするときに、 たとえば「60才以上の人~ 」といって手を上げさせた後に、「60才以下の人~」といって手を上げさせていました。 

普通で考えて、1回目の質問で手を上げなかった人が60歳以下であることはわかりきっていることですが、あえて質問をし手を上げさせることでグループ討議への参加を促しているんだと思いました。(かずおの勝手な推測ですが)


やはりこういったグループ討議の技術は、場数を踏んで覚えていくしかないのだと思いますが、カズオの感じるところをまとめてみます。


司会者の注意点

 ・みんなに発言させるように促す
 ・議論が偏らないように注意する
 ・お題から脱線しすぎないように注意する
 ・ところどころでまとめを入れて、ポイントをすっきりさせる。
 ・最後にまとめをおこない、みんなの合意をえる

こんなところでしょうか

司会者とは別に意見をまとめてくださる方がいるともっとよいとおもいます。(ダイアログカフェのときは、議論をまとめてくださっている方がいてとてもわかりやすかったです)


一口にグループ討議といっても、いつものメンバーなのか、初対面の人ばかりなのか名度によってかなり変わってくると思います。



イヤー今日は久々にまじめに書いてみたな


  BY  文書すらまとめられないのに議論をまとめることなどできるわけがない男カズオ

2008年02月09日 (土) 06:17 | 編集
おはようございますカズオです。

今日は話し方について考えていきたいとおもいます

まず人は何のために話すかというと、

『何かを人に伝えるため』

これにつきます。

しかし残念ながら日本語は、この根本から少し離れています
それは、たぶん日本文化が『相手の気持ちを察する』ということを大事にしてきたからだと思います。 そのこと自体は大変すばらしいことで、カズオも日本語を誇りに思っています

しかし、ビジネスの現場からすると多少気をつけなければいけないことがあります。

日本語の注意点

1、 主語が省略できる
      ⇒主語は誰でしょう自分はわかっていても相手はわからないかも

2、 主語と述語が離れている
      ⇒主語と述語の間にいろいろ入れている間に自分も相手も何がなんだかわからな        くなっちゃう

3、 同音異義語、カタカナ英語が多い
      ⇒自分の思ってる意味と違う意味でとってるかも

4、 結論を勝手に推察してしまう
      ⇒話の途中でも相手が結論を決め付けちゃうかも

つまりは、誤解されやすい言葉なのです

このことを、しっかりと理解し完結にわかりやすく伝えるということが大切だと思います

  
  PS  日本に外国人労働者が欧米に比べて少ないのは、日本語が難しいからかもしれませんね
2008年02月08日 (金) 19:51 | 編集
今日は相手の話を聞きだす質問について、考えたいと思います
まずは、基本的な技術についてのおさらいです

◎ 質問の種類について

オープンクエスチョン(5W 3H)
   YES、NO で答えられない 話を続けやすい

クローズドクエスチョン
   YES,NOで答える 「~でよろしいですか?」など話を終わらせるときに効果的

◎ 質問とは何か

抜けている情報について確認するためのもの 
→何が必要なのかを考えることで適切な質問をすることができる

相手の考えをまとめさせる
 → 過去形の質問、未来形の質問を駆使する
         どうだったか?  
           ↓  
         これからどうしたらよいか、どうなりたいか?

といったところです。

しかし、実はそれ以上に大切なことがあります。

それは、



相手に好意をもって質問するということです。
ノンフィクション作家の 森沢 明夫さんは
 
 「取材をするときは、相手を好きだ好きだと暗示を自分にかけてかのぞむ」そうです。
これにより、すきすき光線が出て相手も邪険に扱うことができなくなる。気づいたら余分なこともしゃべってしまっていた状態になるそうです

なるほど、まさにスペシャルな技ですね。

    BY  飲み屋のオネーチャンにすきすき光線を出しても邪険に扱われている男
2008年02月05日 (火) 18:34 | 編集
聞くという技術パート2です
とりあえずいろんな本を読んだ中でのまとめです

◎ 話を聞くときの体勢について

目を見る ・・・ 直接見るよりも、おでこの辺りを見るのがよい。まじまじと見るのではなく10秒中5秒程度それ以上になると圧迫感を与えることになる

胸、つま先を向ける・・・ 体勢を相手に向けることが大切、挨拶なども顔だけでなく胸を向けることが大切

前のめりになる・・・ 前のめりになることで、熱心に聴いていることをアピールできる。逆に反ったり、腕組みをしたりすると隔たりのある印象を受ける

◎ うなずきと相槌

「はい」という言葉を多用することにより相手に安心感を与える

「はー へー ほー 」などの相槌は相手が続けて話しやすい (明石家 さんま)
「へー それから」なども話を続けやすい      (久本 雅美)

上の2人の例は、比較的フレンドリーになってきた後で使うほうがよいでしょう
皆さん一緒にこえにだしてみましょう
「はー はーそれで?」 (なんか文章にするとイメージが違うなぁ)
「へーそれから」
「ほー」(さんま風)
たしかに、話してる人に『興味持ってますよ』『話に食いついていますよ』というイメージをもたれやすい気がします

明日から自分のうなずきに気をつけてみましょう

     BY まずは嫁からためしてみようと思う男
2008年02月04日 (月) 18:43 | 編集
おはようございますかずおです
今日は聞き方について考えてみたいと思います
ビジネスや人生をよりよくしたいと考えるときに大切なことのひとつに、「人の話を聞く」ということがあります。

この、一瞬考えると受動的に感じる行為にも技術があり、その技術を会得することで大きなメリットを得ることができます。

他人よりも有益な情報を知ることができる
好感を持ってもらえる(親身に話を聞いてくれる人は好かれる)
何かと相談されるようになる。信頼される。(カウンセリングの人も8割がたは話を聞くだけだそうです)

では、聞く技術とはどんなものがあるでしょうか

っとそのまえに、「きく」とは三種類あることをご存知でしょうか。それは、
聞く ・・・ 音が耳に入っていく
聴く ・・・ 心を傾けてきく
訊く ・・・ 質問をしながらきく(言葉を使う)

です。この中で大切なのは「聴く」と「訊く」です。

ちょいと長くなってきましたので、いったんこの辺で締めて、次回に技術のご紹介をしましょう

    BY えらそうなことを書きながら、いつも嫁に「ちょっと話し聴いてるの?」と怒られる男
2008年01月23日 (水) 06:19 | 編集
さて、ビジネスで成功するために勉強する勉強する言っているカズオですが、いったいなんの勉強をしたらよいのでしょう。

そこでできるビジネスマンに必要な技術について考えてみました

コミュニケーション能力
   会話力
   文章の書き方
   プレゼンテーションの技術

やっぱりコミュニケーションの能力が一番大切ですよね、実際カズオが大学に行っていたころも、まじめに大学に通って卒業した人よりも、ナンパやバイトばっかり していた人のほうが、大手に就職してたりします。たぶん、自分を売り込む技術やサービスというものをしっかりと会得できたからではないでしょうか。

確かに、ナンパというものは飛び込みの営業によく似てると思う、声をかける勇気、基本的に相手はマイナス感情からのスタート、自分を売り込み好感を持たせる、なかなかのコミュニケーション能力が必要な技である 

よし!ナンパだ ナンパに行こう!!

・・・なんか違うところにいってしまったo(-_-;*) ウゥム…

しかし、ナンパが上手な人はきっと数をこなしていく中で技術を習得して言ったのであろう。ナンパが大好きで大好きで失敗しても失敗してもめげずにアタック、アタックをくりかえし。少しずつうまくなっていったと思う。
何事でも、大好きというような熱い情熱を持って(熱い情熱って言うかな?なんか夜明けのサンライズみたい)数をこなすことが上手になる秘訣だろう

よし!ナンパだ ナンパに行こう


脱線しまくってお題についてあんまりかたれなかったな

また今度にしよう・・・・

   BY ナンパに行こうって言ったってこんなに朝早くじゃおばあちゃんしかおきていないことに気づいた男



Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。