カズオの仕事術&人生術!
       ~はるかなるmaster of lifeへの道~

  本編サイト →カズオの在宅ワークで会社やめたる!!  
Since:2003/4/10  


あれは1年前のことでした、常々50才には仕事をやめて、好きなことをしてすごしたいと思っていた私は、50歳になったら仕事やめていい?と嫁さんに聞いてみました。すると嫁さんの答えは「1億円の貯金があればやめていいよ」と途方のないことをいいます。 そこで内職・・・
カズオのお金稼ぎヒストリーへ

トップページ>マーケティング、行動経済学



マーケティング、行動経済学

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 裏ビデオから学んだ行動経済学 面白き人間の行動学(09/27)
  3. ザイオンス効果について(09/16)
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年09月27日 (土) 23:18 | 編集
 こんばんは、カズオです。
今日もブログの題名にこってみました。名前負けしない内容にしなくては(o ̄∇ ̄)/

今話題の行動経済学とは、
「経済学は経済人を前提としたものが主流となっていったが、認知心理学の発展もあり、経済学と心理学は再び融合し、行動経済学という分野が研究されるようになった。
2002年、行動経済学の立役者であるダニエル・カーネマンが、ノーベル経済学賞を受賞した。」
うぃきぺでぃあより引用   →元ネタ

ということで、今までの経済学では、人は合理的な行動を100%とるということを基本として学問が発展してきていますが、実際そんなことはないわけで・・・ 

そんな、理想論的な経済学が実際の人間というものを想定して研究されているのが行動経済学です。


たとえば、名古屋の人は宝くじを買うとき名駅のチャンスセンターで買う人が多いです。なぜなら大当たりが東海地区でもっともでているから、あたりやすいと考えている人が多いからです。

実際当たりくじは誰にもわからないわけで、どこで買っても確率は同じなのに、そんな行動をとってしまいます。

また、たとえばタバコを吸うということは体に害があるということをわかっていながら、人間関係を円滑にするためなどと理由をつけて吸ってしまいます。

またまた、たとえば株が大暴落しています。そんな時多くの人が、現在の株価が適正かどうかなどの分析ではなく、怖いからという理由で投売りしたりします。

つまり、人間はそれほど合理的(理性)で行動することはできず、むしろ感情というもので行動することのほうが多いのです。

カズオも言い分けつけてだめな行動をとっているのでよくわかります。

そこで登場してきたのが、心理学をお母さんに経済学をお父さんにもつ行動経済学!!(どっちがお母さんか知らないけど(笑 )

まずさいしょに、行動経済学くんがおこなったのは、経済学の否定 (お父さんに対しての反抗期ですね(笑  )

それは、こんな実験で実証されたプロスペクト理論というものでした

一緒に次に質問を考えて見ましょう

【問題1】10万円をもらったうえで、二つの選択肢を提示されたとする。選択肢Aでは、さらに5万円もらえることが保証されている。選択肢Bでは、サイコロを振って偶数の目が出ればさらに10万円もらえるが、奇数の目が出ればそれ以上何ももらえない。

【問題2】20万円をもらったうえで二つの選択肢を提示されたとする。選択肢Aでは、5万円を確実に取り上げられてしまう。選択肢Bでは、サイコロを振って奇数の目が出れば10万円取り上げられるが、偶数の目が出れば何も取り上げられない。

* 標準的な経済学による解答

 どっちの質問も、選択肢Aは確実に15万もらえる  選択肢Bは奇数が出れは10万円偶数が出れは20万円もらえる   ということで、問題1も問題2も同じ答えになるはず

*実際の実験の結果

多くの人が、問題1ではAを、問題2ではBを選択したという。
人間の選択行動は、次の特徴を有している。

1. 最終的な結果ではなく、実現する結果が各個人の有する基準点より勝っているか劣っているかが重要となる。

2. 利益獲得局面では危険回避的である(確実性を好む)一方で、損失局面では危険追求的となる(賭を好む)。

3. 同額であれば、利益獲得による満足より、損失負担による悔しさのほうが大きい。



* カーネマンらは、このような人間の選択行動の特徴をうまくとらえた理論を提示し、それを「プロスペクト理論」と名づけた。
  (参考 現代用語の基礎知識)


簡単にまとめると、「人は利益が出ている局面では危険を避け、損失局面では危険を好む」ということです。

もっとチョー簡単にまとめると 人は不安が嫌いだし、損したくない。たけど、損をしたら、それを取り返すためにリスクを犯す

だから、保険もギャンブルも売れる。 

おもしろい!!

そういえば昔、裏ビデオ(裏もの)のチラシが入っていてそれを友達と一緒に注文した。5本で1万円でした。そしてとどいたのは、砂嵐しか写っていないビデオだった。
それには手紙がついていて
「まずは、信頼できる人かどうかを調べるためにこのビデオを送りました。本物がほしければあと1万入金しなさい」 ってな内容でした。
だまされたと思ったが、すでに入金した1万円がもったいなくてあと1万円入金しようかと思ってしまった。(結局入金せず)

よく考えたらこれはまさにプロスペクト理論!!
このカズオ様をだましたのだから、行動経済学をマスターしつくした天才集団だったに違いない!!m(。≧Д≦。)m  違いない!!


  BY 感情で行動したっていいじゃない 人間だもの  みつお かずお


スポンサーサイト
2008年09月16日 (火) 20:17 | 編集
今日、ザイオンス効果なるものについてはじめて知りました。
これは、アメリカの心理学者ザイオンスが、大学生を対象に実験を行い発見した法則で、顔写真を見る回数が増えるほど、好意を持つという傾向があるというものです。
実験者の名前から、こうした単純な接触が感情に影響を与えることを、「ザイオンス効果」とか「ザイオンスの熟知性の法則」などと呼ばれることもあります。

CMの業界で有名な理論にセブンヒッツ理論というものがあります。これもザイオンス効果の一種で、7回CMを見たことのある顧客は、その商品を選びやすくなるというものです。


うーん おもしろい!!

これは、いろんなことに応用ができると思います。 すぐに思いつくのが営業だと思いますが、ホームページで稼ぐ方法としても、やはり、毎日更新され、人間性の見えてくるブログというメディアはとても優位にあると感じます。(毎日見に来てくれることが前提ですけど(´д`))


がんばって毎日更新するぞ!!!   (いつも言ってる)



   BY 毎日見にきてねとねがうカズオ



Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。